代表  金巻 睦夫
プロフィール
グラフィックデザインの仕事のかたわら骨董の器に親しみ、ライフワークとして古器に花を入れる。後に古流生け花を学ぶ。妻は古美術商。
1993 川瀬敏郎氏に師事 「なげ入れ」の花と出会う
1997 自分のスタイルを確立「古美術・茶花 鐘巻」を設立
ワークショップ「古器に活ける和の花」を主宰
懐石の店などへの活けこみ
2005 「花と古い器展」 渋谷 セルリアンタワー・インタッチ
「見立ての花入展」 青梅 井中居
2007 「野の花を活ける」展 昭和記念公園
2011 「古器に活ける霜月の花」 表参道 蔦サロン
2014 「花会」 西国立 無門庵
2015 「秋思の花展」 表参道 蔦サロン